入学前からバイトを始めよう

高校を卒業して大学入学が決まっているという皆様、おめでとうございます。
これからいよいよ大学生ということで期待と不安でいっぱいでしょう。

大学生になると楽しいことも多く、出費が増えます。
そのためにバイトをする人がほとんどです。
そんな大学生活に欠かせないバイトですが、入学前の3月から始めるとメリットがたくさんあります。
これから、そのメリットについてご紹介しましょう。

先輩から話を聞ける

3月からバイトを始めると、そのバイト先の先輩から大学生の生活についての話が聞けますので、良い参考になります。
もしかしたら、同じ大学の先輩がいるかもしれません。
それでしたら、なおさらラッキーでしょう。
実際に、同じ大学の先輩がいて、履修届けやサークルの話が聞けて助かったという人もいます。

新入生にとって、新しい環境は期待半分、不安半分でしょうから、先輩と知り合えるのはうれしいことです。
先輩を通して友人ができるということもあるかもしれません。

入学後の出費も安心

入学後の出費についても、3月からのアルバイトで安心できます。
というのも、3月にバイトをすれば、お給料は4月に出ますので出費の際に役立つのです。
大学生になると予期もせぬよう名急な出費が多いでしょうから、少しでも稼いでおくと入学後に気が楽になります。

手元にお金があるということで精神的にも楽ですし、バイト仲間との食事などにも気軽に行かれて情報収集や楽しい話ができます。
もしも、知らない土地でしたら、そんなことでストレスや不安を取り除くことにもなるのです。

求人の競争率が低い

求人の競争率が低いということもあります。
大体、新入生は学校に慣れ始めた4月や5月から、バイトを探し始めるのでその時期は人気のあるバイト先は競争率が高くなることが懸念されるのです。
そう考えますと、皆が動き始める前の3月ですとお店側も卒業でやめてしまう大学生が多く、人手がほしいところですから助かるでしょう。

また、3月に始めれば、新入生の新人バイトが入る時には仕事に慣れていますので、新人の指導側にも回れます。
お店としても助かるでしょうし、早めに仕事を覚えられるということで自分自身としても気が楽ではないでしょうか。

大学生になったら親には頼れない

このように、人より早めに3月からバイトを探して決めてしまうといろいろと助かります。
好きなバイトを早めにインターネットの求人などで見つけて、これから始まる新しい大学生活に備えましょう。
これから学費がかかりますので、今までのようにお金がないからお小遣いを頂戴と親に甘えてもいられなくなります。
親は学費を払うために大変ですから、そのあたりは分かってあげるとよいです。

そう考えますと、早めにバイトをしていればお金の面でもある程度は稼げるでしょうから安心です。
大学生はもう大人ですから、親に甘えず自分のお小遣いくらいは自分で稼ぎましょう。

us-part-time-job.info
zenken@zenken.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です