バイトの経験が社会で活きる

学生時代にバイトを経験する事で社会に出てから役に立つ事は多いです。
学生だからこそ経験できるバイトも多いので、お小遣い稼ぎがてらの社会勉強と思って頑張るのも良いでしょう。
自分の興味と共に今後のことを考えてバイトを選ぶのも良い事です。
この記事を参考にして頂ければと思います。

時間の使い方を学べる

たとえば、塾講師のバイトで時間の使い方を学ぶことができます。
塾講師は1コマ単位でお給料が支払われるのですが、その中には準備の時間も含まれるので効率よく授業をしないといけませんし、工夫も必要です。
こういったことが社会で活かされます。

なぜならば、社会人は決められた時間でいかに効率よく仕事をこなし、もうけをうまなければならないからです。
そのような仕事をこなすには、自分なりの工夫が必要になります。
そういった工夫や時間の使い方を塾の講師のバイトで学ぶことができるのです。

コミュニケーション力が養える

コミュニケーション力は社会人にとって、必要不可欠な能力です。
こういった能力も学生時代のバイトで培われることがあります。

たとえば、居酒屋の店員です。
居酒屋ではおすすめのメニューがあり、うまくお客様にすすめるということが必要な場合もあります。
うまくお客様とコミュニケーションをとって、おすすめメニューを注文してもらうにはお客様の心に届くような一言が必要だったりするのです。

こういったコミュニケーション力をバイトで培われると、社会にでてからも役にたつでしょう。
たとえば、取引先の会社の人と名刺交換をした時の会話や営業の会話などで、一言添えて共通の話題などをうまく引き出すといったことができるのです。
こういったコミュニケーション力で会社の売り上げにも貢献できます。

バイトで得た知識を社会で活かせる

たとえば、個人経営の喫茶店などでバイトをすると、経営について学ぶことができます。
いかにして、お店の利益を上げるかということをこういった個人経営のお店は必要としますので、バイトをしながらそういった知識を学ぶことができるのです。

雨降りの時はお客さんが少ないので、来店しているお客さんにゆっくりしてもらい、注文を多く取るとお客さん一人一人の単価が上がり、もうけになります。
たとえば、コーヒーのみのところにケーキを頼むとか、ランチのみでなくデザートも頼むなどがあれば、店のもうけになるでしょう。
ゆったりできる雰囲気だと話が弾み、もう一品注文しようかということになるのです。

また、逆にお店が混んでいて待っているお客さんがいる時は食事が終わっていれば、どんどん食器を下げていくとお客さんは長居しないで帰ってくれます。
そうすれば、回転率が良くなるのです。
こういった経営戦略をバイトで学ぶと社会に出てから役に立ちます。

us-part-time-job.info
zenken@zenken.com

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です